2014/04/20

前後分けたい

何か、もっと真っ当な方法がありそうな気もするけど思いつかなかったのでメモ。 クリッピングプレーンで前後に分けちゃう 位置取る用のヌルか何か、取り敢えず名前"ClippingPlane"とかにする。 カメラのクリッピングプレーンに ctr_dist_cam(ClippingPlane.kine.global.pos) ある地点から見えるオブジェクトを前後に分けたかっただけです。それだけです。 あれ、ICEとかでサクッと組めるかな。調べる気力がありません(´・ω:;.:...あとで調べる

2014/03/26

アクティブビューでスクリーンショット的なアレ

何となく作って、最近よく使うスクリプト。 アクティブビューでスクリーンショット的なアレ。
//必要な情報を取得
var oCam = GetViewCamera(-1);
var oViews = GetValue(oCam)
var oCurrentPass = GetCurrentPass();
var oCurrentPassName = oCurrentPass.name
var oPicturesFolder = Application.ActiveProject2.Path + "\\Pictures\\"

var oCurrentFrame = GetValue("PlayControl.Current");
var oRenderer =  GetValue(oCurrentPass + ".Renderer");
var oFilename = GetValue(oCurrentPass + ".Main.Filename");
var oFormat = GetValue(oCurrentPass + ".Main.Format");
var oRendCam = GetValue(oCurrentPass + ".Camera");

//スクリーンショット用の設定にセット
SetValue(oCurrentPass + ".Renderer", "Hardware Renderer", null);
SetValue(oCurrentPass + ".Main.Filename",oPicturesFolder + oCurrentPassName + "_ScreenShot", null);
SetValue(oCurrentPass + ".Main.Format", "psd", null);
SetValue(oCurrentPass + ".Camera", oViews, null);

//現在のフレームでレンダ
RenderPasses(oCurrentPass, oCurrentFrame, oCurrentFrame, 1, siRenderVerbosityDefault);

//元の設定に戻す
SetValue(oCurrentPass + ".Renderer", oRenderer, null);
SetValue(oCurrentPass + ".Main.Filename", oFilename, null);
SetValue(oCurrentPass + ".Main.Format", oFormat, null);
SetValue(oCurrentPass + ".Camera", oRendCam, null);

なんか頭悪い感じするのは気のせいではありません(´・ω:;.:...

2014/02/17

Pickして名前コピーとか。

リグ組んだりすると適当にポンポン構造組んで最後に名前整理したりするのでもうゴッチャゴチャで(´・ω:;.:...
for(i=0; i<Selection.count; i++)
{
var pick = PickObject ( "Select Object", "Select Object" ,Selection(i));
var oPickObj = pick.Value ( "PickedElement" );
var oRename = oPickObj.name + "_COPY"

SetValue(Selection(i) + ".name", oRename, null);
}

リネームツールの補助的な感じで書いてみたがまぁ使い勝手の悪いこと。
毎度ながらアホっぽい書き方してる気がするな。。